マタニティ

あなたはリラキシンという言葉を聞いたことがありますか?_
リラキシンとはホルモンの一種で別名、子宮弛緩因子とも呼ばれております。
女性は妊娠をすると出産に向けてリラキシンを分泌し靭帯や筋肉をゆるめてジワジワと骨盤を広げ、お腹を大きくしていきます。
お腹の中にいる赤ちゃんはリラキシンのお陰で広いお部屋(=卵型のお腹)に居心地よくいることが出来ます。

しかしリラキシンの影響もあり、お腹の中にいる赤ちゃんの重みで靭帯や筋肉はどんどん伸ばされ必要以上にお腹が下の方に下がりやすくもなります。
 
そうなると本来、居心地のいいはずの卵型のお部屋(子宮の形)は伸ばされ過ぎる事で居心地の悪い細長い楕円型になってしまいます。

お腹が大きくにつれ体の形もどんどん変化していくので腰痛や肩こり、また背中やお腹の張りや頭痛・・と色々な症状が出てくる上にホルモンのバランスも崩れやす
いため精神的にも不安定になりがちです。
 
「癒しの鍼灸・整体院SalaSa」では出産後はもちろん「出産前」の妊婦さんの心と体のケアもさせて頂いております。

≪マタニティライフを快適に!妊娠中のお辛い症状は南森町駅・大阪市北区・天神橋筋六丁目駅の「癒しの鍼灸・整体院 SalaSa」にご相談ください。≫

妊娠中は、新たな命が育まれていく幸せを感じる半面、母体の体調変化にお辛いこともあるでしょう。マタニティライフに起こりがちな症状を、南森町駅・大阪市北区・天神橋筋六丁目駅の「癒しの鍼灸・整体院 SalaSa」でケアして出産を迎えていただきたく思います。

妊娠すると、胎児の成長とともに骨盤が広がり、骨盤周辺にある靭帯も伸びていきます。まだ臨月を迎えない時期に、もういつ生まれてもおかしくない位置へ胎児が下がっているように見えるのは、靭帯や筋肉が必要以上に伸びてしまっている可能性があるためです。骨盤や筋肉を引き締めることで、赤ちゃんが過ごしやすい環境に整えることができますし、お母さんも安心して出産に備えることができます。ぜひ一度、南森町駅・大阪市北区・天神橋筋六丁目駅の「癒しの鍼灸・整体院 SalaSa」へお越しください。マタニティライフを健康的に、お悩み少なく過ごしていただけるよう、お一人お一人に最適な施術を行っていきます。

南森町駅・大阪市北区・天神橋筋六丁目駅の「癒しの鍼灸・整体院 SalaSa」は、マタニティや出産後のボディケア施術だけでなく、美容整体や美容鍼など美に特化した施術も行っています。曜日によって幅広い時間帯に診療を行っておりますので、いつでも気軽にご連絡ください。

診療時間

当院へのアクセス情報

所在地〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋3丁目2-13 大阪謄写館ビル801
予約電話予約
電話番号06-7492-7963
駐車場なし
休診日木曜日の午前中、土曜日
あなたのご来院をお待ちしております!