子供の側弯矯正

≪現代病とも言われる子供の側弯症!南森町駅・大阪市北区・天神橋筋六丁目駅の「癒しの鍼灸・整体院 SalaSa」での矯正で劇的に改善!≫

今の時代、小学校の中学年から側弯症(そくわんしょう:背骨が歪む症状)の検査が身体測定などに入っている小学校が多いです。現代病と言われる理由が、一番元気であるはずの子供の筋肉が衰えていってしまっているからです。今は外で遊ぶのも怖い時代になり、ゲームやスマホといった室内で背中を丸めながらの遊びが主流になり、電車でも親が自分より優先的に子供を座らせるといった時代になってきているのが現代病をひきお引き起こす要因の一つになっているのです。

学校の身体測定で側弯症と診断され、病院に行くのが自然な流れですが病院では背骨のレントゲンを撮り、その結果背骨が曲がっていたとしても25度以上(身体を真横に曲げて45度、その半分が25度)曲がらないと手術も出来ないし(極力手術はしない方をお勧め)ましてや25度になるまで(悪くなるまで・・)手の施しようがなく、あってもコルセット装着で本来自由に動くはずの背骨を逆に固めてしまうのです。。。

コルセットをしなければならないと思うと、子どもの将来に不安を感じるのは親として当たり前です。ましてや25度以上になったとしても背骨に金具を入れる手術です。恐ろしい事は想像できます。小学生~十代の子どもは大人と違ってまだまだ筋肉にも柔軟性がありますから治療次第で側弯症は解消できます。悩んでいるお母さん、お父さんいましたら、一日でも早いお子さんの背骨の矯正をしていきましょう!

診療時間

当院へのアクセス情報

所在地〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋3丁目2-13 大阪謄写館ビル801
予約電話予約
電話番号06-7492-7963
駐車場なし
休診日木曜日の午前中、土曜日
あなたのご来院をお待ちしております!